3つの特徴
 

データ入稿について

「イメージ通りに仕上がった!」
……そのためにも、是非ご確認下さい!

ご注文後、弊社からお送り致します印刷用テンプレート(展開図)にデザインデータを載せてご返信ください。
データの作成にはadobe Illustratorをお使い下さい。(その他のソフトをご使用の場合はご相談ください)
データが完成したら、下記のチェックポイントをご確認後、pdf/jpgデータと共に弊社までご返信下さい。

check1 誤字脱字はありませんか?

誤字脱字

完成後に誤字・脱字・スペル間違いが見つかると、とても残念な気持ちに。そんなことにならないよう、最後に必ずご確認をお願いします。

なお、弊社ではこれらの確認は行っておりません。

check2 塗り足しはできていますか?

塗り足し

商品製作の際、断裁ズレによってデータが足りなくなる場合があります。デザインする際は必ず、展開図のラインより外側に3mm程度広く塗り足しをしてください。

check3 レイヤーは分かれていますか?

レイヤー分け

デザイン作業時に、消したつもりでいた不必要なラインなどが気づかないまま残っている場合があります。それがそのまま印刷される恐れがありますので、デザインしたデータは展開図とは別のレイヤーに分けておいて下さい。

check4 文字のアウトライン化は出来ていますか?

アウトライン化

文字のフォント(書体)によっては別のフォントに変換されたり「文字化け」してしまう恐れがあります。フォントが変わるとせっかくのデザインも台無しです。文字はアウトライン化することで「図形」として扱われるようになり、前述のような心配は無くなります。文字をお使いの場合は必ずアウトライン化してください。

check5 画像の解像度は十分ですか?

解像度

デザインに写真等の画像をお使いの場合、解像度が低いとキメの荒い画像になってしまいます。画像は印刷サイズに合わせた上で、十分な解像度(通常は300〜350dpi)を確保してください。

check6 カラー設定は正しいですか?

カラー設定

印刷物の仕上がりに「色」はとても重要な要素です。印刷は左図のように4色のインクで行いますので、カラーモードは必ずCMYKカラーに設定して下さい。RGBカラーで入稿されますと、印刷後に色が大きく変わってしまい当初のイメージとかけ離れてしまう恐れがあります。
弊社では「入稿データが何のカラーモードになっているか」のチェックは行いませんのでご注意下さい。

また、DIC等の特色を用いた印刷には原則対応致しておりませんが、「コーポレートカラーである」などの特別な理由でご希望される場合はご相談ください。

check7 送信に必要なファイルは揃っていますか?

送信前

デザインが完成した実データ以外にも、pdfやjpgに変換したデータも確認用として合わせてお送り下さい。
またリンクした画像がある場合は、元画像も忘れずに必ずお送り下さい。
送信の際、2Mを超えるような大きなデータはファイルストレージサービスなどをご利用ください。

Copyright(C) 株式会社ペーパーワールド DDBOX Project Team. All Rights Reserved.
ページトップ